農村体験受入れ

農村体験受入れは、須賀川のファンづくり、
参加者が第二のふる里と思ってくれるような、
新しい人と人の繋がりをつくりたくてはじめました。

 

やみぞあづまっぺ協議会では、都市住民を受け入れるために、体験メニューの検討と(体験の指導者)インストラクターの養成講座を実施し、都市住民が懐かしさを感じるようなメニューはなにか?教えることが出来る人は住民の中にいるのか?を考え、技術を習得しながら、準備を行ってきました。

それらの準備期間を経て、平成26年から宇都宮市にある(株)ファーマーズ・フォレストえにしトラベルさんと連携しながら茶摘体験、紅茶作り、木の実クラフト等の体験受入を開催しております。

八溝山麓紅茶物語と題して、茶摘みだけでなく、
雲巌寺周辺の散策案内、木の実クラフトや蛍かごつくり、
門松づくり体験など、さまざまな農村体験を実施しております。

これまでの体験の様子

PageTop